ホーム > お役立ち情報 > Apple > FCP7からXDCAMファイルをU…

FCP7からXDCAMファイルをU2等のデバイスへエクスポートする方法

まだまだFCP7は現場で現役で使われていると思いますので、今回はFCP7でのXDCAMファイルベース運用方法を紹介します。

 

まずFCP7は編集素材を全てQuickTimeラッパー形式で読み込みますので、XDCAM-MXF・MP4形式からQT形式へラッパー変換させるソフトが必須になります。

PDW-U2ドライブやSxSメモリカードからデータを吸い出す場合には各ドライバが必要になります。

【XDCAM Transfer PDZK-P1】

https://www.sony.jp/xdcam/support/download/pdzk_p1.html

※FCP7.0.3 必須

【PDW-U2 接続ドライバーダウンロード】

http://www.sonycreativesoftware.com/jp/download/xdcamdrive

※2015/10 現在 v5.02

【SxS UDFドライバダウンロード】

http://www.sonycreativesoftware.com/jp/download/sxsudfdriver

※2015/10 現在v2.2.0

 

 

 

【FCP7からXDCAM-DiskデータをFCP7へ読み込ませる方法】

FCP7のブラウザ上で右クリック>読み込み>SonyXDCAM とすると、自動的に「XDCAM Transfer」ソフトが起動します。

※初回起動時だけ下図のようなウィンドウが現れ、入出力時のインポート先フォルダや書き出し時の一時フォルダ先を決定させます(Transfer側のPreferenceで変更可能)。

 

 

 

起動したXDCAM Transferのプレビュー上でFCP7で編集を行いたいクリップを選び、Importボタンを押すとMXF(MP4)形式ファイルがQT形式へラッピング変換されて転送されます。

 

 

 

 

【FCP7からXDCAM形式でファイルをエクスポートする方法】

XDCAM形式ファイルで書き出したいシーケンスを右クリック>SonyXDCAM とクリックするとXDCAM形式を設定するウィンドウが開きます。

XDCAM-Diskへ書き出せば、XDCAMフォルダ構造で書き出されます、内蔵HDD等へ書き出せば単一のMXF(MP4)ファイルが出力されます。

単一のMXFファイルからXDCAMフォルダ構造に変更したい場合には、SonyContentsBrowserソフト内でインポートすればフォルダ構造が出来上がります。

SonyContentsBrowserダウンロード:

http://www.sonycreativesoftware.com/jp/download/contentbrowser

 

書き出したXDCAMファイルを、XDCAM-Disk内で確認するには、ContentsBrowserソフト内で再生画質設定をオリジナルで確認するか、再度XDCAM-TransferからFCP7へインポートしFCP7上で確認します。

※XDCAM-Transferソフト上ではプロキシ映像でしか確認出来ません。

 

「FCP7からXDCAM-U2への書き出し」手順書pdfはこちらから。

FCP7からXDCAMファイルを書き出す方法

 

以上。

コメントなし
コメントを投稿する